発生すると大変になる!トコジラミ駆除は早急に業者へ連絡しよう

蜂

日常の危険を摘み取る

蜂の駆除は、巣を駆除することとなりますので、日頃より巣の存在を意識することが大切です。そして、早い段階で行うことも重要です。巣に安易に近づいてはならず、駆除の際は完全防備な服装、できれば防護服を着用し、スプレーの殺虫剤を吹きかけ、危険がないと判断したらゴミ袋に入れて縛れば終了です。

ナンキンムシ

被害を与える害虫

南京虫は地方においても都会においても発生する昆虫です。人に噛み付いてかゆみを生じさせます。南京虫駆除には殺虫剤が最も効果的です。直接噴射ではなく生息していそうな場所に噴射して、その残留噴霧で駆除しましょう。

いたち

害獣に悩んでいる人へ

イタチ駆除には実質的に10万円の費用が掛かります。最近のイタチ駆除は忌避剤によるものが主流となっており、これはイタチの活動していない時間帯にもできる駆除の方法です。イタチは夜行性であり人間の活動していない時間帯に害を為すため、そこにイタチ駆除の業者に対する需要が生まれる余地があります。

一度発生すると大変

男の人

どんな物にも潜む

家の中には視認しにくい虫がたくさんいます。シラミやダニがその代表ですが、トコジラミの被害も最近目立つようになりました。シラミとは名前が似ていますがまったく別物であり、人の肌にくっついて血を吸う習性があります。多大な痒みをともなうため、おちおち眠れなくなるだけでなく、赤ちゃんのいる家庭などでは特に早めのトコジラミ駆除が必要になります。衛生状況の向上で日本ではかなり数を減らしたトコジラミでしたが、外国からの環境客の増加で再び脅威に晒されることになりました。トコジラミはいろいろな物にくっついてきますので、水際で防ぐのが事実上難しいのが現状です。旅館やホテルなどの宿泊施設は特に気をつけたいところです。

自分では無理と考えよう

先述したようにトコジラミはどんな小さな場所、たとえば本の間やベッドの隙間やエアコンの裏などいろんなところに潜んでいます。仮にそれらを退治したとしても、卵が残っていたら意味がありません。ですからトコジラミ駆除するなら徹底的、それこそ卵も残さないようにしなくてはなりません。自分で市販の薬剤を買ってきても、確実なトコジラミ駆除はまず無理でしょう。完璧にしたいのならトコジラミ駆除の専門業者に任すのがよいでしょう。業者はノウハウを生かして潜むトコジラミを退治してきます。卵が孵る時期を見て再チェックしてくれるところもありますし、保証期間を設けているところもたくさんあります。また、その後の対策などもアドバイスしてくれますので助かります。