被害を与える害虫|発生すると大変になる!トコジラミ駆除は早急に業者へ連絡しよう

発生すると大変になる!トコジラミ駆除は早急に業者へ連絡しよう

被害を与える害虫

ナンキンムシ

南京虫は別名としてトコジラミという別称を持っています。これは吸血性の昆虫であり、地方においても都会においても発生していて、近年非常に問題になっています。この南京虫の被害としてはいろいろなものがあります。人に対しては血を吸うことでかゆみを生じさせます。足、腕、お腹あたりが噛まれやすい部位になります。ちなみに、同じように血を吸う蚊のように、感染症も引き起こすのではないかと言われていますが、実際にはそのような感染例はありません。あくまでも痒みの問題です。また、商業施設などで南京虫が発生すると顧客にまで広がってしまいますので、営業停止する必要があります。このように経済的にも影響がありますので、南京虫が発生すると南京虫駆除は必要です。

南京虫駆除の方法として最も効果的なものは殺虫剤によるものです。ただし、1匹1匹を殺虫剤で駆除することは不可能です。そこで、南京虫が生息していそうな場所を発見してそこに噴射して、その残留噴霧で南京虫駆除するという方法がおすすめです。南京虫が生息する場所は壁と床の接合部やカーペットが多いです。和室であれば畳の下に生息していることが多いので、畳を上げてそこに噴射しましょう。稀にソファなどの家具に生息している場合がありますが、そのときには家具に直接噴射することは避けましょう。人間の肌に触れるものなので、殺虫剤を噴射するのではなく、掃除機で吸引した方がいいです。卵がある場合は一緒に吸引しますので、一石二鳥の南京虫駆除になります。